会長方針

「 継続!そして深化へ!!」

~ロータリーの理念を会得し、みなでロータリーを楽しもう~

2018-2019年度国際ロータリー(RI)バリー・ラシン会長のテーマは、「BE THE INSPIRASTION」(インスピレーションになろう)です。

2018-2019年度国際ロータリー(RI)バリー・ラシン会長のテーマは、「BE THE INSPIRASTION」(インスピレーションになろう)です。具体的なメッセージとしては一番大切なのは、前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会そして組織から引き出すための「インスピレーション」となる必要があるのです。(クラブ計画書P3抜粋)この場合の「INSPIRATION」とは、通常、私達が使う「インスピレーション=霊感・思いつき」ではなく、「=鼓舞、刺激、気づき」という意味であり、「インスピレーションになろう=刺激や活力を与える人になろう」と私は理解します。また、バリー・ラシン会長は、2018年国際協議会RI会長エレクトによるテーマ講演で、「ロータリーの会員数は、この20年間ずっと120万人程度で低迷しています。成長しておらず、会員の高齢化が進んでいます。」と現状を危惧しています。(クラブ計画書P5抜粋)
そして、2018-2019年度2760地区村井總市郎ガバナーの地区方針は、「あなたの街でロータリーを!あなたの街からロータリーを!」―ロータリーの奉仕の理念を学び、奉仕の実践をしよう―です。これは、自分自身が活動している地域、生活圏、クラブなどでまずしっかりと足元で奉仕の理念を学び、実践することを奨励しています。
上記を踏まえ、「2018-2019年度 名古屋 宮の杜ロータリークラブの計画及び目標の要点」を下記のとおりといたします。

私達は、まだ発足して1年ちょっとの新しいクラブです。加えて、私を始めロータリー経験のほとんどない会員が多数在籍しているクラブです。しかし、幸いにして、バリー・ラシン会長の危惧されていることとは異なり、クラブの会員は日々成長し、平均年齢は40歳代を維持しています。すなわち、私達には、時間という得がたい味方がついているのです。
そこで、2018-2019年度は「まずはクラブの活動を続けましょう!」
加えて、「ロータリーの理念をより深く学びましょう!」
そして、仲間同士で刺激し合い(Be inspired by)「皆でロータリーの活動を深化させ、もっともっとロータリーを楽しみましょう!!」

行動指針

  • 1例会等への参加
    当クラブは、RIの規約改正によって、例会を原則月2回とするクラブとして発足しました。当クラブのメンバーの中には、ワークライフバランスの担い手として寸暇を惜しみ、仕事と家庭生活を充実させている若い会員もいます。例会を原則月2回としたことで、このような会員にもホームクラブへの参加がしやすくなったと考えています。しかし、一方で、一度の例会への参加意義が、その分高まっており、会員の参加への高い意識と例会の内容の充実が、他のクラブ以上に求められています。クラブ奉仕委員会には、例会への参加が楽しくなるよう、内容の充実を図って頂きますようお願いします。加えて、会員の皆さんには委員会、IDM、懇親会などへも積極的に参加することお願いします。まずは、参加することを続けましょう。会に参加し、仲間と語らうことがロータリーの楽しさの始まりです。
  • 2ロータリーの理念の会得
    酒井前会長が昨年度の活動方針で示され、ロータリーの基本理念や110年余の歴史を例会、IDMなどで、当クラブの経験豊富なお二人のメンバーのご指導のもと学んできました。しかし、私を始め全員が会得に至ったとは言える段階にはなく、今年度も基本理念や歴史目的などを更に学ぼうと考えています。私も率先垂範する所存です。
  • 3奉仕活動
    ①職業奉仕
    ロータリーのIdentityとも1丁目1番地とも言われています。職業奉仕という言葉は、ロータリーの専門用語であり、初心者には解りづらい言葉です。それは、「職業」とは=生きていくための所得を得る手段であり、利潤追求の手段、すなわち自分もしくは自社のためのものです。一方、「奉仕」とは=世のため人のため、すなわち他人のためのものです。このベクトルの向きが異なる二つのものを合体させているので、言葉そのものからは、理解がしにくいのだと思います。昨年度は、高木前幹事から卓話として教授頂きましたが、理解するためには、まだまだ学ぶ必要があり、例会・IDMなどで共に学んでいきたいと考えています。
    ② 社会奉仕
    発足間もない当クラブが、具体的な活動として、少しではありますが地域・社会へ貢献できているのがRCCです。特に、OKUDA弁慶号(子供たちに夢を)、わっしょい太鼓実行委員会(伝統芸能の継承)への支援活動と交流は、形となっています。今年度は、RCC委員会には、支援活動と交流を着実に深化させて頂きますようお願いします。
  • 4親睦
    1905年発足当時のロータリーは、クラブ会員が皆で仲良く助け合う「親睦の世界」から始まったそうです。その意味においては、親睦こそがロータリーの原点かもしれません。発足間もない当クラブでは、会員同士がお互いを理解しリスペクトすることも、まだまだ重要な課題です。私は、昨年度のクリスマス会で、会員同士の距離がグッと近くなったことを感じました。今年度は、更に会員同士が親しくなるよう、クラブ奉仕委員会には、夜間例会、家族会、クリスマス会などの更なる充実を図って頂きますようお願いします。
  • 5最後に
    昨年度は、酒井前会長の指揮のもとクラブ戦略委員会を立ち上げ、当クラブの3年間のビジョンを議論しました。若いクラブである私達は、中期のビジョンを描き、複数年度で計画的に成長を遂げる必要があると考えています。今年度は、各委員会が中期ビジョンの目標へ到達するための、具体的な年度別のマイルストーンを描いて頂きたいと考えています。
    最後になりましたが、「継続!そして深化へ!!」のスローガンのもと、みなでロータリーを楽しみましょう。一年間、宜しくお願いします。